海外アダルト探訪ブログ:W Eiga

海外アダルト動画好きの管理人による海外アダルトサイト探訪記

【肛門性交】ユーロ系対米国系アナルセックス動画対決!さて軍配はどちらに?

【肛門性交】ユーロ系対米国系アナルセックス動画対決!さて軍配はどちらに?

今回のテーマはアナルセックス。ユーロ系と米国系のアナル姦モノを見比べてみます。

さて両者の違いについてですが、そもそも女優さん方の見た目からして違います。それはスタイルだけの問題ではなく、雰囲気と言うかまなざしと言うか、そこら辺からして違う。だから顔を見ればどちらかは何となく解ります。とは言うものの、これはあくまでユーロ系パフォーマーの9割がたを占める、ロシア及び旧CIS諸国系出身者と米国系との比較の話。ユーロでも西側諸国系との違いがわかるかといえばチト難しい。

セックスプレイについても、米国系は男女対等の立場で渡り合う、よく言うセックスバトル的な雰囲気。一方、ユーロ系は男がヤリたいように女をハメ倒す、女はイイようにヤラれっ放し、そんな感じのモノが多い。この点は和物により近い感じですね。

それでは今回ユーロ系動画と米国系動画とを見比べた結果はどうなんでしょうか?

結論としては、

それほどの違いは見られませんでした(汗。

オ~イ!オイオイ! 話がメタクソ違うじゃナイのさァ~。(←エダ風でお願いします:意味不明?)

なんてコトになりますが、これは動画選択の失敗によるモノでして。

今回取り上げた動画は7本。その内登場人物はユーロ系パフォーマーが3人、米国系パフォーマーが4人。なれどもこれらの動画2本が21Sexturyのモノで、4本がEvil Angelのモノ。これ両者ともユーロ系のスタジオです。そしてもう1本はDevils Film。こちらは一応米国系スタジオですが、ユーロ系パフォーマーもワンサと出ており今回取り上げた動画も男女パフォーマーともロシア。

という事で、今回取り上げた全ての動画がユーロ色に染まったモノでした。要はこれらの仕上がり具合には、出演者の国籍云々よりもスタジオ色がより深く関わる、という事ですね。

ですから、今回のテーマである動画比較、軍配云々については結論を出すことが出来ません。どうかご了承ください。

テメ~ェ!そんなコタぁ書く前から解ってたコトだろぉ~が!解っててワザと目立つタイトルつけやがったなァ!(←レヴィ風でお願いします:意味不明?)

なぞと罵倒されるのも当然。ハイ!おっしゃる通りです。

てか、”今日のお題はアナル姦!”とだけ決めて、先に適当に動画を選んでキャプチャーしちゃったし、それ以外のタイトルだのなんだのは後付けで考えたモンだからしゃぁないのさ!ユーロ系と米国系がうまく3人対4人になったのだって、単なる偶然だしネ!つぅかぁ、だからこんなタイトル思いついたんだけどサ!

….と、いう事で宜しくご勘弁下さい(汗。

さて、ヨタ話が過ぎました。本題に入りましょう。